行政書士試験の学習、合格する

行政法

行政書士試験・合格トップ > 行政法 

行政書士試験のための行政法

行政法と行政活動

行政手続法

行政不服審査法

行政事件訴訟法

行政事件訴訟法・条文と解説


国家補償法

行政法「用語」解説


行政関連法・条文

行政手続法1条(目的)


行政書士の試験に合格するための「行政法」学習

当然のことながら、行政書士試験において「行政法」は、中核となる科目です。

法令に関する問題の40%以上が行政法から出題されており、
ここで失点を重ねると到底合格はおぼつきません。

ただし、同じ中核科目である「民法」に比べると
行政法」は格段に学習しやすく、また、確実に加点して行くことが可能な科目でもあるのです。

まず、行政手続法行政不服審査法行政事件訴訟法については
条文を何度も読み込み、頭に叩き込むこと。
(条文を正確に覚えることが、極めて重要です。)

そして、知識横断的な理解を問われる問題への対応として
関連する条文・制度を合わせて学習し、相違点を整理しておくこと。

行政法の一般的法理論の分野は、
行政行為」を中心に、定義やそ種類を正確に覚えて行きましょう。

記述問題への準備としては、
行政事件訴訟法国家賠償法の最高裁判例を読み込み、理解を深め、
過去に出題された判例をチェックして下さい。

行政書士試験に合格するために、がんばって行きましょう!

powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional