無権代理と表見代理(民法):行政書士試験の学習

表見代理

憲法・民法・行政法と行政書士 > 民法 > 無権代理と表見代理

無権代理と表見代理行政書士の「民法」

無権代理と表見代理

無権代理

無権代理とは、
代理人によって代理行為がなされたにもかかわらず
代理人に代理権がない場合をいう。

 ⇒ 本人に契約の効果は帰属しない


  • 本人が取り得る手段は
    追認、②追認拒絶 がある。
  • 相手方が取り得る手段は
    催告、②取り消し、③無権代理人の責任追及、④表見代理の主張 がある。


    【本人が取り得る手段】
    追認代理行為の効果は、本人に帰属する
    (効果は最初にさかのぼる)
    追認拒絶代理行為の効果は、確定的に本人帰属しないことになる


    【相手方が取り得る手段】
    催告追認するかしないかの催促善意・悪意を問わず行使できる
    取り消し相手方が一方的に
    無効なものとして確定する
    善意
    ②本人の追認がない
    無権代理人の
    責任追及
    無権代理人に、
    履行または損害賠償を請求する
    善意・無過失
    ②本人の追認がない
    ③取消権を行使していない
    ④無権代理人が行為能力を有する
    表見代理を主張することもできる。

    *無権代理行為を行った者が制限行為能力者(未成年者、成年被後見人等)の場合、
     相手方は、催告、取消しができるが、
     善意・無過失であっても、履行の請求、損害賠償請求はできない

表見代理

表見代理とは、
外見的に代理権があると信じさせる「特定の事情」がある場合
有権代理と同様の効果を認める制度。

 ⇒ 本人効果帰属を拒めない

表見代理が成立する要件》

表見代理が成立する要件
本人の代理権授与表示
権限外の行為
代理権消滅後の代理行為
     +
  相手の善意無過失

「①~③ のいづれか + 相手の善意無過失」以外では、表見代理は成立しない。


① 代理権授与の表示による表見代理 (民法109条

1.他人に、代理権を与えた旨を表示したこと
2.表示された人が、表示された代理権の範囲内で代理行為をしたこと
3.相手方の善意無過失

② 権限外の行為の表見代理 (民法110条

1.基本代理権の存在
2.代理人が、基本代理権の範囲を逸脱して代理行為をしたこと
3.相手方に、その代理権ありと信ずべき正当な理由があること

③ 代理権消滅後の表見代理 (民法112条

1.かつて代理権を有した者の代理行為
2.相手方が、代理権の消滅について善意無過失



《相手方が取り得る手段》

表見代理において相手方が取り得る手段
表見代理の主張
無権代理人の責任追及
取消権の行使

表見代理のまとめ


行政書士の「民法」 ページ案内

憲法・民法・行政法と行政書士 トップ

powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional