行政書士試験の学習、合格する

不法行為

憲法・民法・行政法と行政書士 > 民法 > 不法行為

不法行為  ( 行政書士の「民法」

不法行為とは、故意または過失によって、他人の身体や財産などを侵害し、
損害を与える行為をいう。

不法行為によって損害を受けた被害者は、加害者に対して損害賠償を請求することができる。

不法行為の責任と損害賠償

  • 故意または過失によって、他人の権利又は法律上保護される利益を侵害した者は
    これによって生じた損害を賠償する責任を負う
  • 他人の身体、自由、名誉を侵害した場合、他人の財産を侵害した場合の
    いずれかであるかを問わず、損害賠償の責任を負う者は
    財産以外の損害に対しても、その損害を賠償しなければならない。
  • 金銭により、賠償する。
    • 名誉棄損の場合は、裁判所は、被害者の請求により
      損害賠償に代え、又は損害賠償とともに名誉を回復するに適当な処分
      命じることができる。
  • 被害者が、加害者の故意又は過失を立証しなければならない

不法行為の要件と賠償》

要件① 加害者に、故意又は過失がある。
権利・利益の侵害
損害の発生。 (財産的損害、精神的損害)
④ 違法行為と損害の間の因果関係
⑤ 加害者に責任能力がある
賠償金銭賠償を原則とする。
(名誉棄損の場合は、裁判所は、被害者の請求により
 名誉回復のための適当な処分を命じることができる)


請求権者

《請求権者》

原則被害者本人
本人が死亡した場合相続人 (損害賠償・慰謝料の請求権を相続し、行使できる)
父母配偶者 (損害賠償・慰謝料を請求できる)
胎児 (すでに生まれたものとみなす。)
(生まれる前に親権者等が代理権を行使することはできない。)


正当防衛・緊急避難

  • 他人の不法行為に対し、自己または第三者の権利・利益を防衛するため
    やむを得ず加害行為をした者は、賠償の責任を負わない
    (被害者から不法行為をした者に対する損害賠償請求は妨げない。)
  • 他人の物から生じた急迫の危難を避けるため、その物を壊した場合も同様。

過失相殺

  • 被害者に過失があったときは、
    裁判所は、これを考慮して、損害賠償の額を定めることができる
    (考慮しなければならないわけではない)
    • 親・配偶者等、被害者と未分譲・生活上一体をなすと見られる者
      過失は考慮される。(判例)
    • 被害者の体質的素因・心因的素因も考慮される場合がある。(判例)

損害賠償請求権の消滅時効

  • 不法行為による損害賠償請求権は、
    被害者又はその法定代理人が
    損害、及び加害者知ったときから3年間で時効消滅する。
    • 不法行為時から20年間経過したときも同様。(免訴期間)


責任能力と賠償

  • 未成年者は、他人に損害を加えた場合において
    自己の行為を弁識するに足りる知能を備えていなかった場合
    その行為について賠償の責任を負わない
  • 精神上の障害により、自己の行為の責任を弁識する能力を欠く状態の間に
    他人に損害を加えた者は、その賠償の責任を負わない
    • ただし、故意または過失によって一時的にその状態を招いたときは
      この限りでない。

《監督義務者の責任》

  • 責任無能力者が損害の責任を負わない場合、
    その責任無能力者を監督する法定の義務を負う者
    責任無能力者が第三者に加えた損害を賠償する責任を負う
    • ただし、監督責任者が、その義務を怠らなかったとき、又は
      その義務を怠らなくても損害が生ずべきであったとき
      この限りでない。


使用者の責任

  • 事業のために他人を使用する者は、
    被用者が、事業の執行について第三者に加えた損害を賠償する責任を負う
    • 使用者が、被用者の選任・監督について相当の注意をしたとき
      または相当の注意をしても損害が生ずべきであったとき
      この限りでない。
  • 使用者・監督者が損害賠償をしたときは、被用者に求償することができる。
    • ただし、求償できるのは、信義則上相当と認められる額に限られる。
  • 被害者は、被用者と使用者の両方に対して、損害額の全額の賠償を請求できる


注文者の責任

  • 注文者は、請負人がその仕事において第三者に加えた損害を賠償する
    責任を負わない
    • ただし、注文又は指図において注文者に過失があった場合は、責任を負う


工作物責任

  • 土地の工作物の設置・保存に瑕疵があることによって、他人に損害が生じたときは、
    工作物の占有者が損害を賠償する責任を負う
  • 占有者が、損害の発生を防止するのに必要な注意を怠らなかったときは
    所有者がその損害を賠償しなければならない


共同不法行為

  • 数人が共同の不法行為によって他人に損害を加えたときは、
    各自が連帯してその損害を賠償する責任を負う。
    • 共同行為者のうち、誰が損害を加えたかわからない場合も同様。
    • 行為者を教唆した者、幇助した者も同様。
  • 被害者は、それぞれ全員に対して、損害額の全額を請求することができる。



行政書士の「民法」 ページ案内

売買契約
弁済
相殺
債権譲渡
賃貸借契約
☆不法行為 現在のページ
不当利得
委任契約
請負契約
その他の契約
親族
親子
養子
相続

憲法・民法・行政法と行政書士 トップ
 

powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional