行政書士試験の学習、合格する

意思表示と効力

憲法・民法・行政法と行政書士 > 民法 > 意思表示

意思表示 ( 行政書士の「民法」

意思表示とは

  • 意思表示とは
    「一定の法律効果の発生を欲する」意思を、外部に表示する行為
  • 意思表示は
    • 効果意思
    • 表示意思
    • 表示行為
      から成り立っている
  • 表示意思の前段に動機がある

   動機 ⇒ 効果意思 ⇒ 表示意思 ⇒ 表示行為  

  • 動機  ・・・「このメロンは、夕張産だからたくさん買おう」
  • 効果意思・・・「このメロンを1個二千円で、5個買おう」     (考え)
  • 表示意思・・・「このメロンを1個二千円で、5個買うと表示しよう」(考え)
  • 表示行為・・・「このメロンを1個二千円で、5個買います」    (行為)

意思表示のトラブル

  • 勘違いなど真意に反する契約を結んでしまった場合に
    民法には、それを救済するための規定が設けられている
    (大きく2つに分類される)
意思の不存在表示行為に対応する
効果意思が欠けている場合
心裡留保
虚偽表示
錯誤
瑕疵ある意思表示効果意思を形成する過程に瑕疵がある場合詐欺
脅迫


意思の不存在

心裡留保

心裡留保とは、
真意のないことを知りながらする、単独の、意思表示

《効果》

  • 原則、有効である
    相手方が悪意又は有過失 ⇒ 無効  (民法93条
     (相手方が表意者の「真意を知り」または「知ることができた」ときは、その意思表示は、無効)
  • 善意の第三者には無効を対抗できない
     (過失があっても、善意であれば、第三者は保護される)

虚偽表示

虚偽表示とは、
相手方と通じて、真意でない意思表示をすること

《効果》

  • 原則、無効である
  • 「善意の第三者」には無効を対抗(主張)出来ない。 (民法94条2項)
  • 虚偽表示の無効を対抗できない「第三者」とは
    当事者・その一般承継人「以外」の者であって
    その表示の目的につき法律上の利害関係を持つに至った者、をいう。
    • 不動産の仮装譲受人からさらに譲り受けた者
    • 仮装譲渡された不動産につき抵当権の設定を受けた者
    • 仮装債権の譲受人
    • 虚偽表示の目的物を差し押さえた者

錯誤

錯誤とは、
表示に対する意思が不存在であり、そのことに表意者の認識が欠けていること

法律行為の「要素」に錯誤がある。
  (法律行為の要素とは、法律行為の重要な部分のこと)
②表意者に重大な過失がない

錯誤による意思表示は、原則、''無効''である。

  • ただし、表意者に「重大な過失」があったときは、表意者は自らその無効を主張できない

《無効を主張できる者》

  • 原則、本人のみ
    • 第三者が、表意者の債権を保全する必要があり
      表意者が、錯誤があることを認めているときは
      表意者は無効を主張する意思がなくても、第三者は無効を主張できる

動機の錯誤

  • 動機の錯誤とは、意思表示の動機に錯誤がある場合
    • 偽物の絵画を本物と思い込んで買った場合、
      「この絵画を買いたい」という効果意思は存在するが
      「この絵画」を本物と勘違いしたという効果意思を形成する過程に
      欠陥がある(⇒動機の錯誤)
  • 動機の錯誤は、原則、無効とならない
    • 「動機が意思表示の内容として表示されている」
      「相手側からもそれが認識できるようになっている」
      動機が、明示または黙示で表示されている)場合は、
      錯誤について重過失がないときは、無効を主張できる


瑕疵ある意思表示

詐欺

詐欺されてなした意思表示は、取り消すことが出来る

  • 取消し前の、善意の第三者には対抗できない
    • 取り消し後の、善意の第三者とは対抗関係となり
      先に登記を備えた者が優先される
  • 第三者が詐欺」した場合は、相手方が悪意」である場合に限り
    取消すことが出来る

脅迫

脅迫されてなした意思表示は、取り消すことが出来る

  • 第三者にも取消しを対抗できる(善意・悪意を問わない)
  • 取り消し後の第三者との関係は、対抗関係となり
    先に登記を備えた者が優先される


意思表示のまとめ


類型原則例外第三者
意思の
不存在
心裡留保有効相手が悪意・有過失
 ⇒無効となる
-
虚偽表示無効なし善意の第三者には
対抗できない
錯誤無効表意者に重大な過失
がある場合は、
無効を主張できない
債権保全のため必要な場合、本人が錯誤を認めているときは
第三者が無効を主張できる
瑕疵ある
意思表示
詐欺取消し
できる
第三者が詐欺した場合は
相手方その事実を知っていたときに限り、取消できる
善意の第三者には
対抗できない
脅迫取消し
できる
なし対抗できる
(善意・悪意とわない)



行政書士の「民法」 ページ案内

憲法・民法・行政法と行政書士 トップ

powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional