募集株式(会社法):行政書士試験の学習、合格する

募集株式

行政書士試験・合格トップ > 商法・会社法 > 募集株式

募集株式 (会社法

行政書士試験ランク

募集株式の発行

募集株式の発行には、
 ・第三者割当 …株主に株式の割り当てを受ける権利を「与えない」場合
 ・株主割当  …株主に株式の割り当てを受ける権利を「与える」場合
がある。

第三者割当

  「公開会社」と「非公開会社」で、募集事項の決定等で違いがある。
  また、発行する予定が「譲渡制限株式」であるときはその種類株主総会特別決議が必要となる。

《非公開会社》

  • 募集事項の決定は、原則、「株主総会特別決議」を要する。
  • ただし、株主総会特別決議によって、募集事項を
     取締役(取締役会)に委任することができる。

《公開会社》

  • 募集事項の決定は、原則、「取締役会」の決議でよい。
  • ただし、「株主以外の者に」「特に有利な金額で発行等をする場合」は、
    「株主総会特別決議」を要する。
  • もっとも、この場合であっても「株主総会特別決議」によって、募集事項を
     取締役会に委任することができる。

《「譲渡制限株式」を第三者割当する場合 》

  • 「譲渡制限株式」を第三者割当する場合は、上記の株主総会特別決議や取締役会の決議に加えて
    その種類株主総会の「特別決議」が必要となる。
    (ただし、定款の定めにより、この決議を不要とすることができる)


《第三者割当と決議》

-通常特に有利な金額
非公開会社 
株主総会「特別決議」
 
《委任》
株主総会「特別決議」による委任
+
取締役の決定(取締役会の決議)
公開会社取締役会の決議 
株主総会「特別決議」
 
《委任》
株主総会「特別決議」による委任
+
取締役会の決議

*「譲渡制限株式」を第三者割当する場合は、
 上記それぞれの決議(決定)のほかに、その種類株主総会の「特別決議」が必要となる。


株主割当

株主割当は、株主が引き受けに応じれば持株比率に影響がないため
第三者割当比べ必要な決議等のハードルは低くなる。

《非公開会社の場合》
…原則は、株主総会の「特別決議」だが、
 定款の定めにより、取締役の決定(取締役会の決議)で募集事項を定めることができる。

《公開会社の場合》
…取締役会の決議でOK

ただし、「ある種類の株主に損害を及ぼすおそれがある場合」は
当該種類株主総会の「決議」が必要となる。

通知・割当て・出資

募集事項の通知

公開会社は、募集事項を取締役会の決議で決めたときは
払込日(払込期間の初日)の「2週間」前までに
募集事項を株主に「通知」または「公告」しなければならない。


募集株式の割当て

株式会社は、
 ・申込者の中から募集株式の「割り当てを受ける者」を定め、かつ、
 ・「その者に割り当てる株式数」を定めなければならない。

  • 募集株式が「譲渡制限株式」である場合は、
    株主総会特別決議(取締役会設置会社の場合は、取締役会の決議)によらなければならない。

株主割当の場合、株主が、「申込の期日までに申込をしない」ときは
その株主は、募集株式の割り当てを受ける権利を失う

  • 金銭以外の財産の出資(現物出資)を会社が認めるときは、
    遅滞なく、現物出資財産の価額を調査させるため、
    裁判所に対し「検査役」の選任の申立てをしなければんらない。


出資の履行

  • 募集株式の引受人は、
    払込金額の全額(全額に相当する現物出資財産)を払い込み(給付)しなければならない
    • 引受人は、「出資の履行をする債務」と「会社に対する債権」を
      相殺することはできない
    • 引受人は、出資を履行しないときは、株主となる権利を失う
  • 引受人は、
    「払込期日を定めた」場合は、「その期日」に
    「払込期間を定めた」場合は、期間中の「出資した日」に
    募集株式の株主となる。


募集株式の発行等の瑕疵

募集株式の発行等の「差止め」

不当な募集株式発行等により、株主自身の利益が害されることを事前に防止するため、
株主は、一定の場合に、
「募集株式の発行」または「自己株式の処分」をやめることを請求することができる

この差止請求は、
 ①法令・定款に違反する場合
 ②著しく不公正な方法で行われる場合
において、株主が不利益を受けるおそれがあるときに認められる。

  • 例えば、
    (1)株主総会や取締役会の決議を欠く募集株式の発行
    (2)一定の株主の議決権割合の低下を目的とした発行、など


新株発行「無効の訴え」、自己株式処分「無効の訴え」

募集株式の発行等に無効原因がある場合は、
訴えをもってのみ」その無効を主張できる

訴えを提起できるのは、
株主、取締役、清算人、執行役、監査役 に限られる。

提訴期間は、行為の効力発生の日から
公開会社は「6か月」以内、非公開会社は「1年」以内

  • 無効原因についての条文の定めはないが、無効が確定すると新株主や第三者に
    不測の事態が発生するおそれがあるため、無効原因となる事由は「狭く」解釈される。
    *上記の(1)(2)は、無効原因とならないと解釈される。
    *発行可能株式総数を超える発行、募集の通知を欠く発行などは、無効原因となりうる。

無効判決が確定すると
第三者に対しても効力を有し(対世効
発行した株式は将来に向かって無効となる(将来効)。


新株発行・自己株式処分「不存在確認の訴え」

新株発行や自己株式処分に実態がないものとされる場合、
その外観を除去するため、「不存在確認の訴え」が認められる。

提訴権者、提訴期間についての規定はない。

もともと存在しないことを確認するものであるため、将来効の規定は適用されない。



行政書士の試験に合格する!


「商法」のページ

「会社法」のページ

「商法・会社法」トップ
行政書士試験の憲法・民法・行政法 トップ

powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional