計算(会社法):行政書士試験の学習、合格する

計算

行政書士試験・合格トップ > 商法・会社法 > 計算

計算 (会社法

行政書士試験ランク

会計帳簿と計算書類

会計帳簿

会計帳簿とは、
仕訳帳、元帳など、計算書類を作成する基礎となる帳簿をいう。
(10年間の保存義務がある)

株主は、
いつでも、理由を明らかにして、会計帳簿の閲覧・謄写を請求することができる
(議決権または発行済み株式総数の3/100以上を有する株主)

ただし、以下のいずれか場合は、株式会社はその請求を拒否することができる

 ①株主がその権利の確保・行使に関する調査以外の目的で請求したとき
 ②請求者が、その会社の業務を妨害し、株主の共同の利益を害する目的で請求したとき
 ③請求者が、その会社と実質的に競合関係にある会社を営み、または従事しているとき
 ④閲覧謄写によって得た情報を、利益を得て第三者に報告するために請求したとき
 ⑤過去2年以内に④を行ったことがある者の請求であるとき

親会社社員は、
その権利を行使するために必要があるときは、裁判所の許可を得て
会計帳簿等の閲覧・謄写を請求することができる。
(ただし、上記①~⑤の理由があるときは、裁判所は許可することができない)

計算書類

株式会社は、法務省令で定めるところにより
計算書類(貸借対照表、損益計算書等)、事業報告付属明細書作成しなければならない

計算書類は、原則、定時株主総会承認を得なければならない。

株主」および「債権者」は
営業時間内はいつでも、計算書類等について閲覧等の請求ができる


資本金と準備金

資本金の額は、
原則、「設立」または「株式発行」に際して、
株主となる者が、会社に対して払い込みまたは給付した財産の額である。

ただし、その1/2を超えない額は、資本金としないことが認められ、
この場合、残りは「資本準備金」としなければならない。

資本金の額の「減少」をするためには、株主総会特別決議が必要。
準備金の額の「減少」をするためには、株主総会普通決議が必要。

また、資本金・準備金を「減少」するには、原則、「債権者保護手続」が必要となる。

*債権者保護手続き
 …資本金・準備金が減少される場合、債権者は、異議を述べることができる。
  会社は1カ月以上の期間を定め、官報に「公告」し、
  知れている債権者に対して、各別の「催告」をしなければならない。

資本金・準備金を「増加」させるため、
株主総会普通決議により、「剰余金」を減少させ、資本金・準備金に組み入れることができる。

剰余金

株式会社は、事業により得た利益を株主に分配することを目的としており、
株主は、剰余金の配当を期待して出資するわけであるから、
株主の剰余金の配当受領権は最も本質的な権利と言える。

株式会社は、
 ① 分配の都度、株主総会普通決議によって、
 ② 分配可能額の範囲内で
いつでも「剰余金の配当」を行うことができる。

ただし、会社の「純資産額」が300万円を下回る場合は、
剰余金の配当をすることができない。

また、分配可能額を超える配当を行うなど分配規制に違反した場合は、
 ・その行為により金銭等の交付を受けた者
 ・その行為に関する職務を行った業務執行者(業務執行取締役、執行役等)
 ・株主総会取締役会にその議案をを提案した取締役、執行役
は、
会社に対し、連帯して、交付した金銭等の帳簿価格に相当する額を支払う義務を負う。




行政書士の試験に合格する!


「商法」のページ

「会社法」のページ

「商法・会社法」トップ
行政書士試験の憲法・民法・行政法 トップ

powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional