株式譲渡(会社法):行政書士試験の学習、合格する

株式の譲渡

行政書士試験・合格トップ > 商法・会社法 > 株式の譲渡

株式の譲渡 (会社法

株主は、「株式を自由に譲渡できる」のが原則

株式譲渡の「効力発生」要件

  • 株券不発行会社の場合
     ・・・「当事者間の意思表示」のみで譲渡することができる
  • 株券発行会社の場合
     ・・・「当事者間の意思表示」のほか、
        「株券を交付」しなければ、譲渡の効力が生じないのが原則

《株式譲渡の「効力発生」要件》

-株券「不発行」会社株券「発行」会社
株式譲渡の効力
発生要件
当事者間の意思表示当事者間の意思表示
+ 株券の交付
  • ただし、株券発行会社が自己株式の処分による株式の譲渡をするときは
    「株券を交付しなくても」譲渡の効力が生じる


株式譲渡の効力

株式の譲渡により、株主が会社に対して有していた一切の権利義務が
包括的に譲受人に移転する。

  • すでに具体的に発生した「配当請求権」等は
    株主の地位から分離独立した個別の権利であるから
    株式譲渡とともに当然には移転しない


株式譲渡の対抗要件

株式の譲渡は、株式を取得した者の氏名・名称及び住所
株主名簿」に記載・記録しなければ
原則として、株式会社その他の第三者対抗することができない


株券発行会社については、
第三者に対する対抗要件は株券の占有になる。

《株式譲渡の対抗要件》

-「会社」
に対する対抗要件
「第三者」
に対する対抗要件
株券「不」発行会社株主名簿株主名簿
株券発行会社株券の交付


善意取得

株券の占有者
その株券にかかる株式についての権利を「適法に有するものと推定する」。


無権利者から株式を取得した者は
善意・無重過失で株券の交付を受けたのであれば
その株式の権利を取得できる。


株式の譲渡制限

株式の譲渡制限には、以下のものがある。
時期による制限
親会社株式の取得の制限
自己株式の取得制限
譲渡制限株式


時期による制限

【 権利株 】

  • 株主となる権利(権利株)の譲渡は、会社に対抗することができない
    当事者間では有効、と解されている

【 株券発行前 】

  • 株券発行前にした譲渡は、会社との関係では効力を生じない。
    • 当事者間では有効、と解されている。


親会社株式の取得制限

子会社は、その親会社である株式会社の株式(親会社株式)を
取得することはできない


一定の場合には、親会社の株式取得が認められている。

  • 他の会社の事業の全部を譲り受ける場合において
    当該他の会社の有する親会社株式を譲り受ける場合
    ⇒例外として取得することができる
    • ただし、適法に親会社株式を取得した場合でも
      相当の時期に処分しなければならず、
      子会社は親会社株式について議決権を有さない


譲渡制限株式

定款で、
株式の譲渡について「株式会社の承認を要すること」を定めることができる。


譲渡制限株式の「譲渡承認機関」は、
 「取締役会」の設置会社・・・取締役会
 「取締役会」の非設置会社・・・株主総会
であるのが原則。

ただし、定款で、別段の定めをすることができるので
取締役会設置会社でも、株主総会や代表取締役
譲渡承認機関とすることもできる。

《承認の請求》

譲渡制限株式を「譲渡しようとする株主」及び「株式取得者」は、
株式会社に対して、「承認するか否かの決定をすること」を請求することができる。

この際、会社が承認しない決定をするときは
会社が対象株式を買い取る
指定買取人を指定すること
を、請求することができる

《承認を得ずになされた譲渡の効力》

会社の承認を得ずに、譲渡制限株式が譲渡された場合、
会社は、株式取得者の名義書換請求を拒むことができる

  • 当事者間では、その譲渡は有効、と解されている




行政書士の試験に合格する!


「商法」のページ

「会社法」のページ

会社法・総則
持分会社
株主と株式
株券・株主名簿
・株式の譲渡 現在のページ
株式の種類

「商法・会社法」トップ
行政書士の憲法・民法・行政法 トップ

powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional