会社法336条(会社法):行政書士試験の学習、合格する

会社法336条

行政書士試験・合格トップ > 商法・会社法 > 会社法336条(監査役の任期)

文字サイズ:

会社法336条 (監査役の任期)


(監査役の任期)
会社法336条
 
監査役の任期は、選任後四年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する定時株主総会の終結の時までとする。
 前項の規定は、公開会社でない株式会社において、定款によって、同項の任期を選任後十年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する定時株主総会の終結の時まで伸長することを妨げない。
 第一項の規定は、定款によって、任期の満了前に退任した監査役の補欠として選任された監査役の任期を退任した監査役の任期の満了する時までとすることを妨げない。
 前三項の規定にかかわらず、次に掲げる定款の変更をした場合には、監査役の任期は、当該定款の変更の効力が生じた時に満了する。
一  監査役を置く旨の定款の定めを廃止する定款の変更
二  委員会を置く旨の定款の変更
三  監査役の監査の範囲を会計に関するものに限定する旨の定款の定めを廃止する定款の変更
四  その発行する全部の株式の内容として譲渡による当該株式の取得について当該株式会社の承認を要する旨の定款の定めを廃止する定款の変更



《監査役の任期 要点》

・監査役の任期は、
 選任後4年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する定時株主総会の終結の時まで。
 (任期の短縮はできない)

・非公開会社においては
 選任後10年以内に終了する事業年度の最終定時株主総会の終結の時まで伸長できる


戻る

役員
監査役



行政書士の試験に合格する!


行政書士試験の「会社法」のページ

「商法・会社法」トップ
行政書士の憲法・民法・行政法 トップ

powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional