会社法346条(会社法):行政書士試験の学習、合格する

会社法346条

行政書士試験・合格トップ > 商法・会社法 > 会社法346条(役員等に欠員を生じた場合の措置)

文字サイズ:

会社法346条 (役員等に欠員を生じた場合の措置)


(役員等に欠員を生じた場合の措置)
会社法346条
 
役員が欠けた場合又はこの法律若しくは定款で定めた役員の員数が欠けた場合には、任期の満了又は辞任により退任した役員は、新たに選任された役員(次項の一時役員の職務を行うべき者を含む。)が就任するまで、なお役員としての権利義務を有する。
 前項に規定する場合において、裁判所は、必要があると認めるときは、利害関係人の申立てにより、一時役員の職務を行うべき者を選任することができる。
 裁判所は、前項の一時役員の職務を行うべき者を選任した場合には、株式会社がその者に対して支払う報酬の額を定めることができる。
 会計監査人が欠けた場合又は定款で定めた会計監査人の員数が欠けた場合において、遅滞なく会計監査人が選任されないときは、監査役は、一時会計監査人の職務を行うべき者を選任しなければならない。
 第三百三十七条及び第三百四十条の規定は、前項の一時会計監査人の職務を行うべき者について準用する。
 監査役会設置会社における第四項の規定の適用については、同項中「監査役」とあるのは、「監査役会」とする。
 委員会設置会社における第四項の規定の適用については、同項中「監査役」とあるのは、「監査委員会」とする。




     《役員等に欠員を生じた場合の措置 要点》

・役員が欠けた場合、または、役員の員数が欠けた場合、
 任期の満了または辞任により退任した役員は、
 新たに選任された役員が就任するまで、役員としての権利義務を有する

・この場合、裁判所は、必要があると認めるときは、
 利害関係人の申立てにより、
 一時役員の責務を行うべき者を選任することができる。


戻る

役員



行政書士の試験に合格する!


行政書士試験の「会社法」のページ

「商法・会社法」トップ
行政書士の憲法・民法・行政法 トップ

powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional