行政書士試験の学習、合格する

議会の不信任議決

議会の不信任議決 (地方自治法

議会の不信任議決のまとめ

議会の不信任議決 と 長の解散権

議会の不信任議決と解散》

議会の不信任議決
議会の不信任議決普通地方公共団体の議会において、
議員数の3分の2以上の者が出席し、4分の3以上の者の同意により、
長の不信任の議決をしたときは、
直ちに、議長からその旨を長に通知しなければならない
長の解散権不信任の議決があった場合、長は、
その通知を受けた日から10日以内に議会を解散することができる。
10日以内に解散しないとき不信任の議決があり、長が10日以内に議会を解散しないときは
長は、その期間が経過した日において職を失う
解散後の再議決長が議会を解散し、解散後初めて招集された議会において
再び、議員の3分の2以上の者の出席し、過半数の者の同意によって
長の不信任議決があったときは、長はその通知を受けた日に職を失う

【ポイント】

  • 内閣と異なり、信任決議案の否決による解散はない。
  • 不信任決議がなされた場合、長は、10日以内に解散権を行使しなければ、職を失う。
  • この場合の失職は、不信任議決の通知を受けた日から10日経過した日となる。



行政書士試験の地方自治法 ページ案内

長の権限
 ・長の再議権
 ・議会の不信任議決 現在のページ
 ・長の専決処分
執行機関の委員会
会計・財産管理
条例と規則
関与

憲法・民法・行政法と行政書士 トップ

 

 

 

powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional