刑法の原理・基礎法学:行政書士試験に合格する

刑法の原理

行政書士試験・合格トップ > 基礎法学 > 刑法の原理

刑法の原理 基礎法学

行政書士・試験ランク B 

刑法の機能と原理

法益保護機能
 …国民の生命・財産を守るため、これらを脅かす犯罪を防止し、犯罪者を処罰する、
  という刑法の機能

自由保障機能
 …犯罪の成立要件と刑罰を法律で明文化して、刑罰権の行使をこれに限定することにより
  国民の自由をできる限り保障する刑法の機能



罪刑法定主義
 …あらかじめ法律による規定がなければ、人を処罰することができない
  という刑法の基本原則
  (刑法の自由保障機能から要請されるもの)

《罪刑法定主義》

刑罰不遡及の原則
(事後法の禁止)
行為後施行された刑罰法規によって
処罰することはできない。
憲法39条で明文規定されている)
類推解釈
の禁止
被告人に不利になる「刑罰法規の類推解釈」は許されない
(処罰は、法令の明文によることを要する)
明確性の原則刑罰法規の「犯罪の成立要件」と「刑罰」の定めは
できる限り具体的で、かつ、意味内容が明確
でなければならない。
慣習法
の排除
慣習法、条理による処罰は認められない
(刑罰法規は、「法律」、法律の委任を受けた「政令」「条例」によってのみ、定められる。)



行政書士の「基礎法学」 ページ案内

・刑法の原理 現在のページ
ADR・裁判外紛争処理

憲法・民法・行政法と行政書士 トップ

powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional