法の効力・基礎法学:行政書士の資格をとる

法の効力

行政書士・合格トップ > 基礎法学 > 法の効力

刑法の原理 基礎法学

行政書士・試験ランク B

「人」に関する法の効力  

《属地主義の原則と例外》

原則属地主義法の効力・適用を、
その法が制定された国の領域内においてのみ認めるもの。
(日本は、属地主義を原則としている)
例外属人主義人が本来所属する国の法を、
その人がその国を離れた場合にも適用するもの。
保護主義自国・自国民の利益を侵害する重大な犯罪においては、
犯罪地、犯罪者の国籍を問わず
自国の刑罰法を適用するもの。
(日本でも内乱罪・通貨偽造罪などの重大犯罪において
 保護主義をとっている)
(外国人が、外国で、日本の通貨を偽造すれば、
 日本の法によって裁かれる)


「場所」に関する法の効力

日本の法は、原則として、日本の領土、領空、領海に及ぶ。

日本の船舶、航空機、外国にある公館日本の領土
(公海上の船舶内、外国の空域における航空機内も、日本の領土)

(地方自治特別法、地方自治体の条例・規則等は、領土の一部にのみ適用される)

「時間」に関する法の効力

不遡及の原則
 …法は、その施行後の事項についてのみ効力をもつ
  (施行前まで遡らない)

【 施行による効力の発生 】
成立 …国会で議決されたとき
公布 …法令が、国民が知ることができる状態に置かれること
    (官報に掲載してなされるのが慣例)
施行 …法令が、一般的に発動し作用すること
    (法令に施行の日の定めがる場合は、その日から
     定めがない場合は、法律は、公布から20日を経過した日から)
    (条例に施行の日の定めがない場合は、
       公布から10日を経過した日から)


行政書士の「基礎法学」 ページ案内

法の種類
・法の効力 現在のページ

憲法・民法・行政法と行政書士 トップ

powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional