行政書士試験の学習、合格する

民法107条

行政書士試験の学習 TOP > 民法 > 民法107条

文字サイズ:

民法107条  (復代理人の権限等)


民法107条
(復代理人の権限等)
 
復代理人は、その権限内の行為について、本人を代表する。
2  復代理人は、本人及び第三者に対して、代理人と同一の権利を有し、義務を負う。




民法107条は、復代理人の地位と権限について規定している。

復代理人は、代理人によって選任されるが
その「地位」は、「代理人の代理人」ではなく、「本人の代理人」である。
(復代理人は、・・・本人を代表する)

復代理人の「権限」は、
代理人から選任されたわけであるから、当然、代理人に与えられた権限の範囲内であり、
「代理人と同一」とされている。



戻る

関連ページ

代理
代理と顕名
復代理人
民法トップ

憲法・民法・行政法と行政書士




powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional