地方自治法・関与「過去問題」:行政書士試験に合格する#keywords(国の関与,地方自治法,行政書士,試験,過去問題,学習)

過去問/関与1

行政書士試験・合格 TOP > 地方自治法 > 「過去問題」関与①

文字サイズ:

行政書士試験「過去問題」関与① 地方自治法

行政書士試験「過去問題」


自治事務については、関与は必要最小限のもとするとともに、普通地方公共団体の自主性と自立性に配慮しなければならないが、法定受託事務については、関与の必要最小限の原則だけが適用される。


答え ×

関与は、必要最小限のものとするとともに
普通地方公共団体の自主性及び自律性に配慮しなければならない。

この点で地方自治法は、法定受託事務と自治事務を区別していない

戻る

関与


行政書士試験 地方自治法「過去問題」関与

・行政書士試験「過去問題」関与① 現在のページ
行政書士試験「過去問題」関与②
行政書士試験「過去問題」関与③
行政書士試験「過去問題」関与④
行政書士試験「過去問題」関与⑤ 
行政書士試験「過去問題」関与⑥ 

行政書士試験の地方自治法 ページ案内

憲法・民法・行政法と行政書士 トップ

 

powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional