相互保有株式(会社法):行政書士試験の学習、合格する

相互保有株式

行政書士試験・合格トップ > 商法・会社法 > 相互保有株式

文字サイズ:

相互保有株式 

相互保有株式とは、
2つの株式会社が、互いに、
株式を、総株主の議決権の4分の1以上保有している状態にある株式のことをいう。

総株主の議決権の4分の1以上の保有は、実質的な会社支配を可能とするが、
相互にこの状態をつくると、株主総会で不正な決議が行われる可能性が発生する。

会社法308条?は、相互保有株式について
株主総会での議決権の行使はできない、と規定している。



戻る

株主総会



行政書士の試験に合格する!


行政書士試験の「会社法」のページ

「商法・会社法」トップ
行政書士の憲法・民法・行政法 トップ

powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional