特定電子メール適正化法「過去問題」:行政書士試験に合格する#keywords(特定電子メール適正化法,迷惑メール防止法,行政書士,試験,過去問題,学習)

特定メール法/問2

行政書士試験・合格 TOP > 情報・通信 > 特定電子メール適正化法「過去問題」②

文字サイズ:

特定電子メール適正化法「過去問題」② 情報・通信

行政書士・試験ランク B 


特定電子メールの送信者は、特定電子メールの送信にあたっては、送信者の通信端末機器の映像面に一定の通信者情報を表示しなければならない。


答え 

そのとおり。
表示義務のある通信者情報は以下。
 ①特定電子メールである旨
 ②送信者の氏名または名称
 ③送信に用いた電子メールアドレス
 ④受信拒否の通知を受けるための電子メールアドレスまたはURL



行政書士試験 特定電子メール適正化法「過去問題」

特定電子メール適正化法・行政書士試験「過去問題」① 
・特定電子メール適正化法・行政書士試験「過去問題」② 現在のページ
特定電子メール適正化法・行政書士試験「過去問題」③
特定電子メール適正化法・行政書士試験「過去問題」④
特定電子メール適正化法・行政書士試験「過去問題」⑤
特定電子メール適正化法・行政書士試験「過去問題」⑥
特定電子メール適正化法・行政書士試験「過去問題」⑦
特定電子メール適正化法・行政書士試験「過去問題」⑧
特定電子メール適正化法・行政書士試験「過去問題」⑨
特定電子メール適正化法・行政書士試験「過去問題」⑩ 

行政書士の「情報・通信」 ページ案内

★憲法・民法・行政法と行政書士 トップ

 

 

 

powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional