特定電子メール適正化法「過去問題」:行政書士試験に合格する#keywords(特定電子メール適正化法,迷惑メール防止法,行政書士,試験,過去問題,学習)

特定メール法/問10

行政書士試験・合格 TOP > 情報・通信 > 特定電子メール適正化法「過去問題」⑩

文字サイズ:

特定電子メール適正化法「過去問題」⑩ 情報・通信

行政書士・試験ランク B 


法人である特定電子メールの送信者が、送信者情報を偽った送信をした場合は、1年以下の懲役または300万円以下の罰金処せられる。


答え ×

個人の場合は、1年以下の懲役または100万円以下の罰金、
法人の場合は、3000万円以下の罰金、となる。

特定電子メール適正化法 第33条、34条、37条、5条、7条


行政書士試験 特定電子メール適正化法「過去問題」

特定電子メール適正化法・行政書士試験「過去問題」① 
特定電子メール適正化法・行政書士試験「過去問題」② 
特定電子メール適正化法・行政書士試験「過去問題」③ 
特定電子メール適正化法・行政書士試験「過去問題」④ 
特定電子メール適正化法・行政書士試験「過去問題」⑤ 
特定電子メール適正化法・行政書士試験「過去問題」⑥ 
特定電子メール適正化法・行政書士試験「過去問題」⑦ 
特定電子メール適正化法・行政書士試験「過去問題」⑧ 
特定電子メール適正化法・行政書士試験「過去問題」⑨ 
・特定電子メール適正化法・行政書士試験「過去問題」⑩ 現在のページ
 

行政書士の「情報・通信」 ページ案内

★憲法・民法・行政法と行政書士 トップ

 

 

 

powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional