特定電子メール適正化法「過去問題」:行政書士試験に合格する#keywords(特定電子メール適正化法,迷惑メール防止法,行政書士,試験,過去問題,学習)

特定メール法/問1

行政書士試験・合格 TOP > 情報・通信 > 特定電子メール適正化法「過去問題」①

文字サイズ:

特定電子メール適正化法「過去問題」① 情報・通信

行政書士・試験ランク B 


特定電子メール適正化により禁止される特定電子メールとは、あらかじめその送信をすることに同意した者に対して電子メールを送信する者が自己または他人の営業につき広告や宣伝を行うための手段として送信する電子メールのことをいう。


答え ×

特定電子メール適正化により禁止される特定電子メールとは、
「あらかじめその送信をすることに同意した者以外に」対して電子メールを送信し、
自己または他人の営業につき広告や宣伝を行うための手段として送信する電子メールのことをいう。

「同意」している者に対してのみ送信可能であり、
これを「オプトイン方式」という。



行政書士試験 特定電子メール適正化法「過去問題」

・特定電子メール適正化法・行政書士試験「過去問題」① 現在のページ
特定電子メール適正化法・行政書士試験「過去問題」②
特定電子メール適正化法・行政書士試験「過去問題」③
特定電子メール適正化法・行政書士試験「過去問題」④
特定電子メール適正化法・行政書士試験「過去問題」⑤
特定電子メール適正化法・行政書士試験「過去問題」⑥
特定電子メール適正化法・行政書士試験「過去問題」⑦
特定電子メール適正化法・行政書士試験「過去問題」⑧
特定電子メール適正化法・行政書士試験「過去問題」⑨
特定電子メール適正化法・行政書士試験「過去問題」⑩ 

行政書士の「情報・通信」 ページ案内

★憲法・民法・行政法と行政書士 トップ

 

 

 

powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional