行政書士試験の学習、合格する

民法117条

行政書士試験の学習 TOP > 民法 > 民法117条

文字サイズ:

民法117条  (無権代理人の責任)


民法117条
(無権代理人の責任)
 
他人の代理人として契約をした者は、自己の代理権を証明することができず、かつ、本人の追認を得ることができなかったときは、相手方の選択に従い、相手方に対して履行又は損害賠償の責任を負う。
2  前項の規定は、他人の代理人として契約をした者が代理権を有しないことを相手方が知っていたとき、若しくは過失によって知らなかったとき、又は他人の代理人として契約をした者が行為能力を有しなかったときは、適用しない。







戻る

関連ページ

代理
無権代理と表見代理

自己契約
民法トップ

憲法・民法・行政法と行政書士




powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional