行政書士試験の学習、合格する

民法104条

行政書士試験の学習 TOP > 民法 > 民法104条

文字サイズ:

民法104条  (任意代理人による復代理人の選任)


民法104条
(任意代理人による復代理人の選任)
 
委任による代理人は、本人の許諾を得たとき、又はやむを得ない事由があるときでなければ、復代理人を選任することができない。




代理人には「任意代理人」と「法定代理人」があるが
民法104条は、任意代理人の復代理人選定の条件を規定している。

任意代理人は、本人からの信頼に基づいて、依頼され、承諾することにより
代理人となった者である。

よって、任意代理人が復代理人を選任できるのは、
 ①「本人の承諾を得たとき」
 ②「やむを得ない事由があるとき」

の2つの場合に限られる。

このいずれかの要件を満たさず、代理人が勝手に復代理人を選任しても無効であり、
復代理人の行為は「無権代理」行為となる。

*法定代理人の復代理人の選任については⇒民法106条



戻る

関連ページ

代理
代理と顕名
復代理人
民法トップ

憲法・民法・行政法と行政書士




powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional