行政書士試験の学習、合格する

条例の制定・改廃の請求

行政書士・合格トップ > 地方自治法 > 条例の制定・改廃の請求

条例の制定・改廃の請求 (地方自治法

地方自治法は、地方自治法74条において
住民の直接請求として「条例の制定・改廃の請求」について規定している。

《条例の制定改廃の請求》

条例の制定改廃の請求
内容誰がどうする
請求直接請求の代表者選挙権を有する者の 50分の1 以上の者の連署を持って、
普通地方公共団体のに対し、請求する。
要旨の公表直ちに請求の要旨を公表しなければならない。
議会への付議請求を受理した日から20日以内に議会を招集し、
意見を付けて、これを議会に付議する。
(代表者に通知し、公表する)
代表者の意見陳述議会審議を行うに当たり、代表者に意見を述べる機会を与えなければならない。
署名の証明代表者署名簿を、選挙管理委員会に提出して、署名し印を押したものが選挙人名簿に登録されたものであることの証明を求めなければならない。
(証明は、選挙管理員会に求める)
署名簿の縦覧選挙管理員会証明が終了したときは、その日から7日間関係人の縦覧に具さなければならない。
  • 地方税の賦課徴収分担金・使用料・手数料の徴収に関するものは、請求できない



行政書士試験の地方自治法 ページ案内

憲法・民法・行政法と行政書士 トップ

powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional