大会社(会社法):行政書士試験の学習、合格する

大会社

行政書士試験・合格トップ > 商法・会社法 > 大会社

文字サイズ:

大会社 

大会社とは、
最終事業年度にかかる貸借対照表に資本金として計上した額が5億円以上である会社、
または、
最終事業年度にかかる貸借対照表の負債の部に計上した額の合計額が200億円以上
である会社のことをいう。


戻る

会社の機関



行政書士の試験に合格する!


行政書士試験の「会社法」のページ

「商法・会社法」トップ
行政書士の憲法・民法・行政法 トップ

powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional