行政書士試験の学習、合格する

債権者代位権と取消権の比較

憲法・民法・行政法と行政書士 > 民法 > 債権者代位権詐害行為取消権の比較

債権者代位権詐害行為取消権民法

債権者代位権詐害行為取消権の比較

-債権者代位権詐害行為取消権
無資力要件債務者が無資力債務者が、
行為時・取消時の両方で、無資力
債務者の
行為
債務者が、自ら権利を行使しない債権者を害することを債務者・受益者
の双方が知って、その行為をした
債権の状態債権が弁済期にあること債権が、詐害行為の前に成立している
権利・行為債務者の一身専属権でないこと財産権以外の行為でないこと
(相続放棄などは、取消対象外)
権利の行使裁判上・裁判外裁判上のみ
消滅時効-取消の原因を知った時から2年
法律行為から20年で、
時効により消滅する




行政書士の「民法」 ページ案内

憲法・民法・行政法と行政書士 トップ
 

 

 

powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional