会社法383条(会社法):行政書士試験の学習、合格する

会社法383条

行政書士試験・合格トップ > 商法・会社法 > 会社法383条(監査役の取締役会の出席)

文字サイズ:

会社法383条 (監査役の取締役会への出席義務等)


(取締役会への出席義務等)
会社法383条
 
監査役は、取締役会に出席し、必要があると認めるときは、意見を述べなければならない。ただし、監査役が二人以上ある場合において、第三百七十三条第一項の規定による特別取締役による議決の定めがあるときは、監査役の互選によって、監査役の中から特に同条第二項の取締役会に出席する監査役を定めることができる。
 監査役は、前条に規定する場合において、必要があると認めるときは、取締役(第三百六十六条第一項ただし書に規定する場合にあっては、招集権者)に対し、取締役会の招集を請求することができる。
 前項の規定による請求があった日から五日以内に、その請求があった日から二週間以内の日を取締役会の日とする取締役会の招集の通知が発せられない場合は、その請求をした監査役は、取締役会を招集することができる。
 前二項の規定は、第三百七十三条第二項の取締役会については、適用しない。




     《監査役の取締役会への出席等 要点》

監査役は、取締役会に出席し、必要があると認めるときは、意見を述べなければならない。

監査役は、
取締役が法令や定款に違反する行為をし、またはするおそれがあると認められるとき
取締役会の招集を請求することができる。

招集の請求から5日以内に、2週間以内の日を召集日とする招集通知が発せられないときは
請求をした監査役は、自ら招集できる
 (特別取締役による取締役会を除く。)


戻る

取締役会
監査役



行政書士の試験に合格する!


行政書士試験の「会社法」のページ

「商法・会社法」トップ
行政書士の憲法・民法・行政法 トップ

powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional