会社法374条(会社法):行政書士試験の学習、合格する

会社法374条

行政書士試験・合格トップ > 商法・会社法 > 会社法374条(会計参与の権限)

文字サイズ:

会社法374条 (会計参与の権限)


(会計参与の権限)
会社法374条
 
会計参与は、取締役と共同して、計算書類(第四百三十五条第二項に規定する計算書類をいう。以下この章において同じ。)及びその附属明細書、臨時計算書類(第四百四十一条第一項に規定する臨時計算書類をいう。以下この章において同じ。)並びに連結計算書類(第四百四十四条第一項に規定する連結計算書類をいう。第三百九十六条第一項において同じ。)を作成する。この場合において、会計参与は、法務省令で定めるところにより、会計参与報告を作成しなければならない。
 会計参与は、いつでも、次に掲げるものの閲覧及び謄写をし、又は取締役及び支配人その他の使用人に対して会計に関する報告を求めることができる。
 一  会計帳簿又はこれに関する資料が書面をもって作成されているときは、当該書面
 二  会計帳簿又はこれに関する資料が電磁的記録をもって作成されているときは、当該電磁的記録に記録された事項を法務省令で定める方法により表示したもの
 会計参与は、その職務を行うため必要があるときは、会計参与設置会社の子会社に対して会計に関する報告を求め、又は会計参与設置会社若しくはその子会社の業務及び財産の状況の調査をすることができる。
 前項の子会社は、正当な理由があるときは、同項の報告又は調査を拒むことができる。
 会計参与は、その職務を行うに当たっては、第三百三十三条第三項第二号又は第三号に掲げる者を使用してはならない。
 委員会設置会社における第一項及び第二項の規定の適用については、第一項中「取締役」とあるのは「執行役」と、第二項中「取締役及び」とあるのは「執行役及び取締役並びに」とする。



《会計参与の権限 要点》

会計参与は、
取締役・執行役と共同して計算書類等を作成し、
会計参与報告を作成しなければならない。

会計参与は、いつでも、
会社帳簿等を閲覧・謄写し、
取締役・執行役および支配人その他の使用人に対して、会計に関する報告を求めることができる。

会計参与は、必要があるときは、
子会社に会計に関する報告を求め、
会社・子会社業務、財産の状況を調査することができる。
子会社は、正当な理由がある場合は、これを拒むことができる


戻る

会計参与
会社法333条 (会計参与の資格等)



行政書士の試験に合格する!


行政書士試験の「会社法」のページ

「商法・会社法」トップ
行政書士の憲法・民法・行政法 トップ

powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional