会社法349条(会社法):行政書士試験の学習、合格する

会社法349条

行政書士試験・合格トップ > 商法・会社法 > 会社法349条(会社の代表、代表取締役)

文字サイズ:

会社法349条 (会社の代表)


(株式会社の代表)
会社法349条
 
取締役は、株式会社を代表する。ただし、他に代表取締役その他株式会社を代表する者を定めた場合は、この限りでない。
 前項本文の取締役が二人以上ある場合には、取締役は、各自、株式会社を代表する。
 株式会社(取締役会設置会社を除く。)は、定款、定款の定めに基づく取締役の互選又は株主総会の決議によって、取締役の中から代表取締役を定めることができる。
 代表取締役は、株式会社の業務に関する一切の裁判上又は裁判外の行為をする権限を有する。
 前項の権限に加えた制限は、善意の第三者に対抗することができない。




     《会社の代表 要点》

【取締役会「非」設置会社の場合】
取締役は、会社を代表する
取締役が2人以上いる場合は、各自が会社を代表する。
・定款、定款の定めに基づく取締役の互選又は株主総会の決議によって、
 取締役の中から代表取締役を定めることができる


     《代表取締役 要点》

代表取締役は、
 株式会社の業務に関する一切の裁判上又は裁判外の行為をする権限を有する

・代表取締役に加えた権限の制限は善意の第三者に対抗できない


戻る

役員
取締役
取締役会



行政書士の試験に合格する!


行政書士試験の「会社法」のページ

「商法・会社法」トップ
行政書士の憲法・民法・行政法 トップ

powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional