会社法337条(会社法):行政書士試験の学習、合格する

会社法337条

行政書士試験・合格トップ > 商法・会社法 > 会社法337条(会計監査人の資格等)

文字サイズ:

会社法337条 (会計監査人の資格等)


(会計監査人の資格等)
会社法337条
 
会計監査人は、公認会計士又は監査法人でなければならない。
 会計監査人に選任された監査法人は、その社員の中から会計監査人の職務を行うべき者を選定し、これを株式会社に通知しなければならない。この場合においては、次項第二号に掲げる者を選定することはできない。
 次に掲げる者は、会計監査人となることができない。
一  公認会計士法の規定により、第四百三十五条第二項に規定する計算書類について監査をすることができない者
二  株式会社の子会社若しくはその取締役、会計参与、監査役若しくは執行役から公認会計士若しくは監査法人の業務以外の業務により継続的な報酬を受けている者又はその配偶者
三  監査法人でその社員の半数以上が前号に掲げる者であるもの



《会計監査役の資格等 要点》

・会計監査人は、公認会計士又は監査法人でなければならない。


戻る

役員
監査役



行政書士の試験に合格する!


行政書士試験の「会社法」のページ

「商法・会社法」トップ
行政書士の憲法・民法・行政法 トップ

powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional