プロバイダ責任制限法「過去問」:行政書士試験に合格する#keywords(プロバイダ責任制限法,行政書士,試験,過去問題,学習)

プロバイダ責任/過去問4

行政書士試験の学習 TOP > 情報・通信 > プロバイダ責任制限法「過去問」④

文字サイズ:

プロバイダ責任制限法「過去問」④ 情報・通信

行政書士・試験ランク B 


特定電気通信による情報の流通によって自己の権利を侵害されたとする者は、権利が侵害されたことが明らかな場合または発信者に対する損害賠償請求権の行使のため必要がある場合に限りプロバイダなど特定電気通信役務提供者が保有する発信者情報の開示を請求することができる。


応え ×

発信者情報の開示請求は
以下のいずれにも該当する必要がある。

①請求者の権利が侵害されたことが明らかである
②損害賠償請求権の行使のために必要である場合その他正当な事由がある場合



行政書士試験 プロバイダ責任制限法「過去問」

プロバイダ責任制限法・過去問① 
プロバイダ責任制限法・過去問② 
プロバイダ責任制限法・過去問③
・プロバイダ責任制限法・過去問④ 現在のページ
プロバイダ責任制限法・過去問⑤
プロバイダ責任制限法・過去問⑥

行政書士の「情報・通信」 ページ案内

★憲法・民法・行政法と行政書士 トップ

 

 

 

powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional