行政書士試験の学習、合格する

ファーミング

行政書士試験の学習 トップ > 情報・通信 > ファーミング

ファーミング 情報・通信

行政書士試験のための情報通信関連用語

ファーミングとはフィッシング詐欺手法の一つであり、
著名な金融機関やネットショップなどのサイトとそっくりな偽サイトをつくり
DNSサーバー情報を書きかえ、ユーザーを偽サイトに誘い込み
暗証番号やクレジットカード番号など詐取する手法である。

ユーザーが特定のサイトにアクセスしようとする場合、
DNSサーバーでURLをIPアドレスに返還し、
これに対応するIPアドレスをもったサーバーにアクセスする。

ファーミングは、DNSサーバーのURLとIPアドレスの対応表を不正に書き換え、
ユーザーがURLでアクセスすると偽サイトに誘導されてしまう。

ユーザーは偽サイトと気付かずに本人の情報を入力してしまい、
情報は詐取されてしまう。

偽サイトという偽の土壌に誘い込むことから
「ファーム(農場)」への誘い込み⇒ファーミングと呼ばれている。


行政書士の「情報・通信」 ページ案内

★憲法・民法・行政法と行政書士 トップ

powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional